転職を希望した時にまずは最も身近な家族に相談しますね

転職をしたいと考えた場合、まず、極めて身近な存在である家族に相談を持ちかける人が多いはずです。
家庭がおありの方なら、家族に相談せずに職を変わるということは避ける方がいいですよね。
家族に無断で転職すると、それが原因で離婚になることもあります。転職を考える人は、行きたい転職先が必要としている資格はどんな資格かを考え、少し時間をかけて資格を取って備えておくのもいいかもしれません。面接の際に、セールスポイントになることもよくありますし、資格手当などを設けている企業では資格が大切な証拠なので、取ってない方は自分から進んで取得するとよいでしょう。
転職活動は在職期間中からやり始め、転職先が決まってから辞めるのがベストです。退職してからの間がフリーに使えますし、ただちに出社できますが、転職先がすぐに決定しない状況もありえます。
無職の期間が6ヶ月を超えてしまうと、採用がなかなか決まらなくなりますから、勢いで現状の仕事を辞めてしまわないようにしましょう。
退職後に無職期間が長いと次の就職がしにくいので、出来る限り退職をしてから短い期間で転職を完了するように肝に銘じて行動してください。面接官が長い無職の期間が気になって問いただしてくることもありますので、無職期間中はどうしていたのか、はっきりと答えられるようにしておくことが大切でしょう。

Contents

HOME

未分類

pagetop